イベント

2022年10月 テーマ別座談会「想いを知ろうとする」

テーマ別座談会「想いを知ろうとする」とは

10月13日に、テーマ別座談会「想いを知ろうとする」を開催しました

8月の「”京子”を囲んで語り合うトーク会」で、京子が繰り返し言葉にしていた
「想いを知ろうとする」

今回はこちらをテーマに語り合いました

参加された方々の感想の一部をご紹介します

参加された方の感想

パネリスト

皆と話す事で見えてくるもの

今回思いきってチャレンジしてみた

一人で考えていても分からないからこそ、皆と話す事で見えてくるもの

これだって、はっきりじゃなくても、新しい感覚が確実に増えた

楽しい時間を共有できた

自分が苦手と思ってた掘り掘りが少し出来たかもと思ってます。

ドキドキたくさんしたけど楽しい時間を共有出来た事に感謝してます。

ありがとうございました。

1年後が楽しみです

とにかく、とにかく勇気を出してパネリスト参加してよかったぁ〜って感じています!

ぐるぐるしながらも、他のパネリストさん達と一緒に話せたからこそ楽しめました!

「想いを知ろうとしまくるぞー」ってなってます!

幸せ、平和に繋がる
未来、1年後が楽しみです

ここに参加しなければ体験できない経験

ここに参加しなければ体験できない経験となりました。

また、みなさんの話を聞きながら、自分の中での考えの変化も感じながら、とても有意義な時間を過ごすことができました。

そして、大きな気付きもあり、思いきってチャレンジして良かったと思います。

オーディエンス

自分の中の言葉の定義ってなんだろう?

たくさん感情が動いて、楽しみながら拝聴しました♪

  • 「想いを知る」ではなくて「想いを知ろうとする」
  • 「思い」と「想い」
  • 「期待」「犠牲」
  • 「ネガティブな想い」を深掘りする率が高い傾向?
  • どうして「想いを知ろうとするのか?」目的は?

ウォーキングや車の運転中に聞いてたから、思い出せることを箇条書きにしてみた。

改めて、自分の中での言葉の定義は?を考えてみた。

具体的に「相手のおもいを知ろうとする」って?

座談会での「おもい」は「自分のおもい」が多かった様にきこえました。

では「相手のおもいをしろうとする」とは具体的にどうすることなのでしょうか?

自分とおきかえたり、相手の立場にたっておもいをしろうとしても100%相手のおもいをしることはできないと自分はおもっています。

「相手のおもいをしろうとする」というのは「相手の事をしるよう努める」という方がしっくりくるかなぁ。
 

楽しみながらグルグル♪

ありがとうございました。

『想い』と『思い』の違い。
面白かったです。

自分の想いを知るために出来る事。
何があるんだろう?と楽しみながらグルグルしています。

自分に目を向けるキッカケ

みなさんの話を聴きながら、私の「想いを知ろうとするとは」なんだろう?と思いました。

最近は毎日の予定をこなしていくのに精一杯で、自分や相手の想いにまで考えたり、感じたりすることがあまりなかったな…と気づかせてもらえました。

立ち止まって自分に目を向けるキッカケになったように思います。

コメントを残す