コミュの投稿 / ドヤ投稿

仲間から見た、あの頃の京子

こんにちは、Funスタ協会のkumiです(*^▽^*)

 

Funスタ出版から出版した本、『京子物語』のモデルである京子。

当時、京子は、
夫の不倫!離婚危機!育児問題!
に悩み、苦しんでいました。

 

あの頃の京子を、Funスタコミュニティ内の投稿を通してリアルタイムで見ていた仲間が、ステキな投稿をしていたので紹介します♪

*****************

【京子さん】

特定の人をタイトルにして書くのはNewだな~

すっごく書きたくなったので、書きます!

  

京子さんと私は同じ時期にLove Againを始めたということもあり、私は京子さんの”キセキ”を、投稿を通じてリアルタイムで見させていただいてきました。

約4年前にLove Againを始めた私たち。

始めた当初は、Google+を使っていて、コミュメンバーも200人ほどで。

アウトプットをするメンバーも限られていたので、京子さんの投稿を毎回読ませてもらっていました。

 

来る8/27(土)
「京子を囲んで語り合うトーク会」が開催されることもあり、
改めて『京子物語』を読んでみました。

そして、あの頃のことがいろいろと蘇ってきて、この投稿を書きたくなりました。

 

私たちは、
Google+の後、workplaceに移行し、そして、さらに別の(現在の)workplaceに移行したので、以前の2つの場所での投稿は完全に消えてしまったのです…。

正直、もったいないな〜って思います。

本当は、京子さんの過去の投稿を遡って読めたら、きっと、今、悩んでいる多くの方の参考、励みになるんだろうな〜って思います。

今の京子さんになるまでに、
どんなことがあったのか?
京子さんがどんな取り組みをしてきたのか?
が詳細に記されていたので。

『京子物語』は、(今は読めなくなった投稿に記されていた)京子さんに起こった出来事、感情、想いなどをギュギュギュっと凝縮しています。

が、リアルタイムで京子さんの投稿見させていただいていた者としては、
「めっちゃ簡素化されてるー!!」
って感じです。

 

京子さんに起こった、まさかの出来事や、それに伴う葛藤。
揺れる感情。
そして、恐れながらも取り組むチャレンジ、勇気。

あの本の中に記しきれなかったことが、たくさんあったと記憶しています。

もちろん、私が投稿を通じて知った京子さんのことも、京子さんにとってはごく一部なんだと思います。

 

当時、京子さんが「破壊の旅」(Oneselfの「問題の根本を知る」)を3回もやり、やる度にアウトプットすること、感じることが違うと言ってたのが印象的だったな〜。

それって、
ものごとの解釈が変わってきたということなんだろうな〜。

見ている世界が変わってきたということなんだろうな〜。

 

元祖?変態クラブ(当時、30名限定のclosedのグループでした。今は5研究会のひとつです。)でもご一緒させていただいて、お母様との関係性のこともチラッと話されていたことを覚えています。

そして、これは私の勝手な思い込みですが、あの頃の京子さんは、お母様のことは掘り下げられたくないような、あまり触れられたくないような感じだったと思います。

頭では、「こうありたい」と思いつつも、心がそれを受け入れていないような…。
頭と心が逆方向を向いているような…。
(私の勝手な解釈です)

 

最初は、ご主人との関係性に悩みLove Againを始めた京子さん。

でも、夫婦関係だけでなく、
お子さんとのこと
お母様とのこと
にも大きな変化がありました。

 

私も京子さんからたくさん刺激を受け、学ばせてもらいました。

そして、京子さんが
「Funスタと出会ってから、
 すごく生きやすくなった」

と言っていたのも印象的です。

京子さんが、ひとつずつ丁寧に丁寧に自分と向き合ってきたからだろうな〜って思います。

 

「自分と向き合う」って言葉も、このコミュではよく使われるけど、すごーく漠然としていると思います。

具体的にはどういうこと?って思われる方も多いと思います。

当時の京子さんと同じような状況の方もいらっしゃると思います。

なんとか関係性を改善したいと思いつつも、何からやっていいかわからない方もいらっしゃると思います。

辛くてワークも進められてないし…って方もいらっしゃると思います。

自分一人でやってると、行き詰まりを感じることもあると思います。

 

せっかくなので、この機会を利用して、京子さんに直接質問したり、お話を聞いてみませんか?

↓ トーク会の詳細&申込はこちら ↓
”京子”を囲んで語り合う!トーク会 開催決定

 

P.S.
京子さんへ

書きたくなって、
勝手に思うままに書かせてもらいました〜(^^)

京子さんに出会えたこと、
京子さんと一緒に学べたこと、
本当にラッキーだな〜と思ってます☆
だから、ドヤる〜♪

京子さん、いつもありがとう♡

コメントを残す